片岡華恵先生の論文内のFigureが雑誌の表紙を飾りました!

片岡華恵先生の論文がmicroscopy research technique(Vol79 Issue 1.January2016)に掲載されました。

この論文は、蛍光標識レクチンにより血管内皮表層に存在するグリコカリックス層を生体顕微鏡で観察する方法を検討したものです。

グリコカリックス層に含まれる糖鎖へのレクチンの結合はその種類によって違いがあるため、計7種類の異なるレクチンを比較し、マウス背側皮膚微小血管においてはWGAが最も良く結合し鮮明な蛍光画像を取得できることを明らかにしました。

この方法により、これまで摘出標本を電子顕微鏡で観察していた血管の透過性亢進を、生きた動物で可視化できるようになりました。

さらに、論文内のFigureが雑誌の表紙を飾りました!

トッピクス

お問い合わせ

歯科麻酔について
  • 当科について
  • 歯科における全身管理
  • 麻酔の安全性
  • スタッフ紹介
  • 昭和大学歯科病院へのアクセス
教育・研究活動(学生の皆様へ)
  • 入局案内
  • 臨床研修医の皆さまへ
  • 日本歯科麻酔学会認定医取得のための研修
  • 学生の皆さまへ
  • 研究・論文・業績・学会
地域医療連携(医療機関の方へ)
  • 地域医療の取り組み
  • 開業歯科医の方へ